キャリア

【本音】転職の二次面接ほぼ内定?現役転職エージェントが面接通過率を暴露

はい! みなさん、こんにちは。Loup(ルー)です。

オサムくん
うーん...
ルー
オサムくんはいつも考え込んでるけど
今回はどうした?
オサムくん
実はこないだ二次面接を受けた企業から面接内でほぼ内定って言われたけど
本当かなと思って
ルー
それはいい話だね。
ポジティブなことだけど注意点もあるから気をつけた方がいいけど

やっとの思いで二次面接までこぎ着けて、面接内でほぼ内定って言われたら嬉しいですよね。

ただ、オサムくんのように素で喜べない気持ちもわかります。

と言うことで、今回は大手転職エージェントに務める私、Loup(ルー)が、

面接の通過率もふまえて、「転職の二次面接ほぼ内定?」と言う疑問に答えていきます。

答えは3秒後。

「二次面接はほぼ内定」は本当なのか?

  転職 二次面接 ほぼ内定 本当

二次面接はほぼ内定と言っていいと思いますw

こちらが、転職エージェントを使って転職活動をした場合の面接通過率の平均です。

  • 一次面接通過率:40%〜50%
  • 二次面接通過率:60%〜80%
  • 最終面接通過率:70%〜90%

※数値は平均をとっており企業によって異なるのでご注意を

中途採用の場合、面接は2回もしくは3回が主流です。

たまに1回の面接で判断する場合もありますが。

転職エージェントを利用した場合、書類の添削(履歴書、職務経歴書)、面接対策等のサポートが手厚いので、

自力で転職活動をするよりも通過率は上がります。

なので、転職サイトやハローワーク等を利用して自力で転職活動を行う場合は、

転職エージェントを利用した時の通過率よりも各段階、通過率が10%前後落ちるかと思います。

なので、少しでも通過率を上げたいなら転職エージェントを使って転職活動を進めた方がいいです。

転職エージェントのメリットとデメリットについては、

転職エージェントとは?|現役の転職エージェントが5分で解説!! にて解説しているのでチェックしてみて下さい。

二次面接には2つのパターンがある

二次面接 パターン

先ほど説明した通り、

中途採用の面接回数は2回〜3回なので、二次面接のパターンは以下2つが存在します。

  • 最終面接の前段階としての「二次面接」
  • 二次面接が最終面接

それぞれ、面接における役割が違うので、それぞれついて解説していきます。

【入門】二次面接と最終面接って何が違うの?

オサムくん
多くて3回、面接あるけど、そんな面接やる意味あんの?
ルー
気持ちは分かるけど、各面接で見ているポイントが違うんだよ

と言うことで、

以下の項目を比較して二次面接と最終面接の違いについて紹介していきます。

  • 面接の目的
  • 面接官
  • 面接のポイント

最終面接の前段階としての「二次面接」について

最終面接の前段階としての「二次面接」の場合、以下流れで面接を行うことになります。

  • 一次面接は人事
  • 二次面接は現場
  • 最終面接は代表もしくは役員

この流れを踏まえて、最終面接の前段階としての「二次面接」の特徴を見ていきましょう!

項目 詳細
面接の目的 採用となった場合、実際に働くことになる現場にスキル感と人柄を確認してもらうことが目的
※一次面接で人事が出る場合、人柄やストレス耐性、基本的なコミニュケーション能力を確認するので、スキル感については二次k面接で現場に判断してもらうことが多い。
面接官 現場の責任者
面接のポイント スキル感と人柄を両方確認されるため、もれなく面接対策が必要
話が冗長にならないように現場は特に注意
最後の質問では、具体的な業務に関わる質問をする

二次面接=最終面接について

二次面接=最終面接について、以下流れで面接を行うことになります。

  • 一次面接は人事
  • 最終面接は代表もしくは役員

この流れを踏まえて、二次面接=最終面接の特徴を見ていきましょう!

項目 詳細
面接の目的 人柄や思考力を確認する
面接官 代表もしくは事業の担当役員
面接のポイント 人生の分岐点(受験、就活等)で何を考えて選択したのかを確認
将来(3年、5年後)、会社でどうなっていたいかを確認

スキルについては現場の責任者が確認しているので、

代表もしくは役員が行う面接は、人柄とその人が人生において仕事をどのように位置付けて何を考えているのかを確認されます。

テーマが重めなため、その場でパッと思い浮かんだものを答えるとツッコミが入るので整理して面接にのぞみましょう。

【注意】最終面接前にほぼ内定と言われたけど鵜呑みにしていい?

最終面接前に ほぼ内定

冒頭で通過率も公開して二次面接はほぼ内定と結論付けてますが、

100%ではないので落ちる時もあります。

面接官も言っている通り、「ほぼ内定」です。
(面接内で不確定なことを言ってしまうのはちょっと、、、と思いますが)

当たり前ですが、調子にのって何も準備しなければ落ちる確率が高まります。

なので、100%面接官に言われたことを鵜呑みにせず最後までしっかりと面接対策をしてのぞみましょう。

【おまけ】二次面接・最終面接の逆質問集と一言解説

二次面接・最終面接 逆質問集 一言解説

オサムくん
いつも思うけど、最後に質問ありますかって何なん?
何聞けばいいかいつも悩む
ルー
確かに悩むと思うから、あらかじめ用意しておいた方がいいよ

私も初めて転職をするときは何を聞けば良いか毎回悩んでいたので、こちらに使える質問集を載せておきます。

ぜひ、活用してみてください。

二次面接の場合

面接官は、現場の責任者になることが多いので業務・事業に直結する質問をすると喜んで答えてくれます。

  • ベンチマーク企業はどこですか?
  • 競合他社との差別化ポイントは?
  • なぜ、差別化できているのか?
  • 事業部のミッションは何ですか?
  • 採用となった場合、自分に期待することは何ですか?

最終面接の場合

面接官は、代表もしくは担当役員になるため、会社の成り立ちや将来について質問するとテンション上がります。

  • そもそも、事業を始めたきっかけって何か?
  • どうやって拡大していったのか?
  • 今後の事業・会社の展開について
  • 事業・会社について考えるに当たって大事にしていることは?

逆質問を行うときに注意が必要なのは、ぶつ切りに質問しないように意識しましょう。

回答に沿って、木になる点を深掘りする質問をした方が相手も快く質問に答えてくれるかと思います。

  • この記事を書いた人

Loup

新卒は社員数5名、年収240万円の地元でもない地方零細企業に就職し、わずか1年で退職。 ホワイト企業への2回(大手IT企業、大手人材会社)の転職をへて 年収560万円までアップ。 27歳となった現在、 会社に勤めつつ、学歴や才能がなくても這い上がりキャリア戦略を中心に情報を発信中

-キャリア

Copyright© ゆとりのキャリア戦略 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.