キャリア

【公務員を辞めたい20代向け】最小限のリスクで転職を成功させるための方法を紹介!!

はい! みなさん、こんにちは。

ライフチューナーのLoup(ルー)です。

大手人材紹介会社に勤めていると、

公務員の方が民間企業に転職を考えているなんて話は珍しくないです。

ということで、

今回は、公務員を辞めたい20代の方へ最小限のリスクで転職を成功させるための方法を紹介します。

早速、結論ですが業界はIT業界、オススメの職種は以下3職種です。

  • Webマーケター
  • 法人営業:既存顧客×無形商材
  • エンジニア:事業会社のエンジニア

時間がない方は目次から飛んで結論部分を読んでから、

さらっとそれ以外の部分読んでもらえば内容つかめると思います。

では、早速いきましょう。

公務員を辞めたい、20代で転職したい理由を整理しないと後悔する

公務員 辞めたい 20代 理由

世間的には、公務員から民間に転職することは、以下のことから風たりが強いように感じます。

  • 公務員の業務は限定的なため専門職以外は民間で活かせない
  • 公務員のミッションは公平公正なサービス提供だが民間は利益追求なのでギャップについてこれない
  • マニュアル化された業務を行うことが多いため主体的に自ら考え自ら行動することが苦手

ただ、公務員だけでなく、民間で働いてる人でも上記に当てはまる人はいくらでもいますw

私は、転職はポジティブな決断だと思っているので、

「公務員を辞めたい」、「20代の内に転職したい」って考えることはすごく前向きな考えだと思ってます。

本当の懸念としては、世間一般の方が言っているようなことではなく、

公務員を辞めたい、20代で転職するという決断に明確な理由と覚悟があるのか

ってことだと思います。

公務員を辞めたい気持ちを整理するために必要な3つのポイント

公務員 辞めたい 20代 理由 ポイント

これは、公務員から民間に転職するってことに限らず、ポイントはこの3つです。

この3つが揃って、初めて転職を考えた方がいいと思ってます。

ポイント

  • what(何が)
  • why(なぜ)
  • how(どのように)

どれか1つでも欠けていると、

転職活動をなんのため、何を叶えたくてしているのか分からず、

内定を取ったとしても決めきれない、

そもそも転職がうまくいかなくて長引く、

転職してもミスマッチを起こし早期退職をしすぐに転職したいって欲にかられます。

なので、ここから先は3つのポイントを1つずつ解説していきましょう。

「why(なぜ)」とは公務員を辞めたいって根本的な原因

まず、公務員で辞めたいと考える理由は大きくこの4つだと思っています。

(人間関係以外はよく父親が話してましたw)

  • 仕事が単調で覚えさえすれば誰にでもできる
  • 学校の先生や課(選挙課、消防課等)によっては民間をしのぐ勢いで残業がある
    ※一概に言えませんが
  • 体質が古い(例:全員参加の飲み会、管理がアナログ、業務のスピード感)
  • 人間関係

この4つプラス各個人によって、

特有の悩みがあると思うのでそれを明らかにする必要があります。

「what(何が)」とは公務員を辞めたいの原動力

「what(何が)」は、よりリアルにイメージできるよに置き換えてください。

イメージすることは以下2つです

  • 具体的に公務員の何が1番嫌なのか?
  • 公務員を辞めて何を叶えたいのか?

例えば、単調な仕事で誰でもできると感じるのであれば、

住民票の作成業務は、仕組み化されてすぎていて自分がいなくても誰にでもできるような作業だからとか。

その上で、転職で何を叶えたいかを明確かしてください。

何を叶えたいかは、その人の価値観ベースで人それぞれ異なると思うので、

時間をとって自己分析って形で整理をする必要があると思います。

自己分析をやった結果、どの業界でどんな仕事するべきかってところまで見えてくるかと思います。

なお、自己分析のやり方がわからないって方は、

こちらの記事を読んでいただけると一発で解決できると思うので、

チェックしてみてください!!

就活・転職活動する方対象 ここ押さえればOK!自己分析やり方を解説

就活・転職する方必見 面接通過率1%をパスした自己分析を実践解説!

「how」とは公務員を辞めた後どうやって理想の環境を手に入れるか?

「how」は言語化した「what」を叶えるためにどの業界でどの職種につくべきかの手段を明確化します。

例えば、

1つのことをやるために決裁者が多すぎて承認される道のりが長く、

実行するまでに数年の時間がかかり、最悪の場合、承認される前に外部要因(法律改正等)によってで実行が難しくなってしまう

ということに不満がある人は風通しがよくて高い実行力とスピード感がある業界に身を置くという判断になるかと思います。

また、別の例で言うと、

業務フローが仕組み化されすぎていて、

誰でもできるような仕事で自分が介在する価値を見出せないってことに不満を思っている人は、

コンサルのような思考労働が多い業界に身を置くことを検討するかと思います。

ただ、あくまでも例であって、

実際はもっと個人の悩みは希望は複雑なので慎重に考えてもらいたいと思います。

とわ言え、

学生時代、公務員一択で考えて就活なんてまともにしてないし、

民間で働いたこともないのに各業界の事情、職種も職務内容もイメージするの難しい!!

って方もいると思うのでオススメを紹介したいと思います。

公務員を辞めたいと思っている20代が検討すべき業界と職種とは?

公務員 辞めたい 20代 業界 職種

お待たせしました。

ここからは私、Loupが公務員を辞めたい方にオススメする業界と職種の解説していこうと思います。

冒頭でもお伝えした通り、業界はIT業界、オススメの職種は以下3職種です。

  • Webマーケター
  • 法人営業:既存顧客×無形商材
  • エンジニア:事業会社のエンジニア

それでは、「なぜ、IT業界なのか?」、それぞれの職種について紹介していきましょう

公務員を辞めた後、20代で転職した方がいい業界は何故、ITなのか?

公務員を辞めた後、20代で転職するなら、IT業界が良いです。

理由は以下の通りです。

  • IT業界は当面廃れない
  • IT企業は色々なバックグランドを持った社員が多い
  • 自分の市場価値をあげることができる

この3つを深掘っていきます。

IT業界は成長業界で当面は廃れない

公務員からいざ転職ってなった場合、

当たり前ですが、安定して成長し続ける業界であることを見通せることがベストだと思います。

その軸で考えるとIT業界は今後も伸び続けることは間違いないです。

インターネットが普及した現代でいきなりアナログな生活に戻ることは想像できまあせんよね。

例えば、スマホからガラケーに戻ることはもう考えられないですよね。

なので、他の業界に比べると成長業界であることは10年スパンで見ても間違い無いかと思います。

ただ、注意してほしいのは、変化が早い業界でもあります。

数年前に当たり前だったことが、今だと遅れているってことがザラに起こります。

なので、変化に対応できる柔軟性を持ってない保守的な人だと辛い業界でもあります。

IT企業は色々なバックグランドを持った社員が多い

これは、実体験に基づいた話ですが、

IT企業は本当に様々なバックグランドを持った人たちが働いてます。

元アパレル、元美容師、元地方銀行員、元DJ、元国家公務員などあげればキリありません。

IT業界自体移り変わりが早く、そこに対応していく必要があるため、

IT企業に働く人たちは非常に柔軟性に優れた方が多いです。

むしろ、外部から人を採用することで自分たちでは考えつかなった良いアイデアをどんどん取り込んで、

会社、ビジネスをより良いものにしていこうという考えがあります。

そのため、中途で入ってきたとしても、仲間としてすぐに受け入れられ、

また良いアイデアがあればどんどん採用してくれます。

何が言いたいかというととにかく働き易いです。

自分の市場価値をあげることができる

どんな職種につくかに繋がってくる話ではありますが、

成長業界で必要とされる職種でスキルを積み上げていけば自ずと市場価値上がるよねって話です。

例えば、みんなが日常的にSNSを利用していると思いますが、

SNSから集客できるようなスキルを持っていれば企業としては欲しい人材になりますよね。

また、別の例でいくと、現在、エンジニア不足が問題となっている中で、

プログラミングができれば市場から必要とされる人になりますよね。

つまり、需要と供給の話と同じで必要とされているものこちらが提供できれば、

それに見合う対価を受けることができます。

それでは、次にどんな職種が必要とされているのか見ていきましょう。

公務員を辞めたい20代が検討すべき3職種について

公務員辞めた後に検討すべき業界はIT業界と説明しましたが、

IT業界にも様々な職種があります。

なので、未経験でもチャレンジし易い、チャレンジできる職種という軸で考えるとこの3つです。

  • Webマーケター
  • 法人営業:既存顧客×無形商材
  • エンジニア:事業会社のエンジニア

それではそれぞについてまとめていこうと思います。

Webマーケター

Webマーケターを一言で言うと、

インターネット上でどうやったら人を集めることができるのかを考える人たちです。

それでは、Webマーケターについてこの3つで話を進めていこと思います。

  • 「何故か」
  • 「キャリアパス」
  • 「向いている人」

▼何故か

インターネットが普及して、インターネット上でいかに集客できるか、

もっと言うとSNS上でどうやったら集客できるかと言うことに非常にニーズがあるからです。

考えてみてください。

あなたが、渋谷で美味しい和食屋を探すとしたらまず何をしますか?

ググりません?、ネットで調べません?

つまり、ネット上で集客できるスキルがあれば必然的に必要とされる人になります。

▼キャリアパス

とわ言え、いきなりネットで集客できるスキルを身につけることは難しいです。

そんな簡単ではありませんw

以下の段階を踏んでいく必要があります。

  1. Webメディアのライター
  2. Webメディアのディレクター
  3. Webメディアのプロデューサー

難しいことは省略しますが、それぞれの役割について説明します。

まずはWebメディアを自社で運営している会社でライターとして働くことです。

ライターは記事を書くことでネットで集客するための基礎的なことを学ぶことができます。

次に、Webメディアのディレクターは、読者がどんなことに興味があって、何を知りたいのかを思考し、

ライターに記事の作成を頼んだり、ライターあがってきた記事を校正するポジションです。

最後にWebメディアのプロデューサーは、ターゲットとなる読者の絞り込み、サイトのコンセプト、サイトデザイン等を

総合的に企画するポジションになります。

ここまでくると、市場価値がグッと高まります。

個人的には、Webライターをしながら、

副業で自分のメディアを立ち上げて収益化したら独立って手段もありかと思ってます。

▼向いている人

一見、Webメディアの運営に携わると聞くと、

華やかなイメージを持つ人もいるかと思いますが、やることはほんと地味だし泥臭いです。

特にWebライターはひたすら記事を書くことになるので地味で泥臭さしかないです。

なので、一度やると決めたら雑念を捨てて、

目の前のことをやりきりコツコツを積み上げることができる人が向いてます。

手段については、転職エージェントの利用をおすすめします。

メリットですが、まとめると、転職にまつわる様々な情報を提供してくれます。

法人営業:既存顧客×無形商材

営業自体は何をやるのかみなさん、想像はつくかと思うので、

早速、法人営業:既存顧客×無形商材について話を進めていこと思います。

▼何故か

結論、法人営業の既存顧客×無形商材はきつさと市場価値のバランスが良いためオススメしてます。

まず、営業と言っても個人営業と法人営業に分かれます。

個人営業は、一般の方が対象となるので、

平日休みでそのお客さんの都合のいい時間に合わせて営業をするため、

業務時間が安定せず拘束時間も法人に比べて長くなります。

また、正直、お客さんの質に波があります。

なので、個人営業はあまりオススメしません。

法人営業を強く進めます。

次に法人営業の中には、新規顧客と既存顧客、有形商材か無形商材かに分かれます。

まず、新規顧客と既存顧客で言うと圧倒的に既存顧客相手の方が精神的な負担はないです。

(飛び込みや電話での顧客開拓がないため)

次に有形商材(PC、コピー機等)と無形商材(Webサービス、メールや勤怠管理のシステム等)ですが、

難易度は無形商材の方が高く、市場価値で言っても無形商材の営業の方が高いです。

当たり前ですが、目に見えない形がないものを説明するよりも、

目に見えて形あるものを説明する方が簡単じゃないですかと言う話です。

また、無形商材は、WebサービスだったりシステムになるのでIT業界に多く存在します。

今の話を総合的に判断すると、きつくなくて市場価値の高い営業をやるとなったら、

法人営業の既存顧客で無形商材を選ぶことが一番オススメです。

▼キャリアパス

営業のいいところは、キャリアの幅が広いと言うことです。

以下は、キャリアパスの一部になりますがあげたらきりがないです。

  • 営業でそのまま昇格して管理職になる
  • 営業を極めるためにエキスパートとしてそのままプレイヤーで活躍し続ける
  • 人事で採用や人材育成を行うために研修を企画する
  • マーケティング職について営業の後方支援を行う
▼向いている人

営業は向いている人は以下の人になります。

明確ですねw

  • 人と話すことに抵抗がない、好きである
  • 相談を受けやすい人
  • メンタルが強い人

営業は多くの人と話をすることになるので、人見知りでは勤まりません。

また、自分が話すだけでなく顧客の悩みを理解した上で提案することが必要となるので、

よく誰かに相談をされてるような人は素養があると思います。

最後に営業は数字目標があるので一喜一憂しすぎてしまうと辛くなってしまうので、

メンタルを一定に保てるような人が向いている傾向にあります。

エンジニア:事業会社のエンジニア

エンジニアは世界的に不足しており、需要の高い職種になってます。

エンジニアの中でも、事業会社のエンジニアは特に採用難が続いているポジションです。

それでは早速、話を進めていこと思います。

▼何故か

エンジニアは、世界的にみても圧倒的に不足している職業になります。

どのくらいかって言うと、日本では小学校の授業でプログラミングが必修科目になるレベル。

エンジニアが不足しすぎているから、

完全異業界、未経験で雇って会社で一人前のエンジニアとして育成するって会社もあるレベルで不足してます。

需給のバランスが崩れている職種になるので、

市場価値が高く、かつ、経験ゼロからでもなれるほど参入障壁が低い

とっても旨味のある職種です。

もちろん、自分のスキル次第になりますが、

他にもこんな素晴らしいメリットがあります。

  • シンプルに他の職種に比べて年収が高い
  • フレックスの会社が多いので働き方に融通がきく
  • 場所を選ばないのでリモートでも仕事ができる

公務員の働き方からするとめちゃくちゃ融通が利きますよね。

ここまでが、ざっくりではありますが公務員からエンジニアとして転職する旨味の部分です。

ただ、働く会社を間違えると旨味を享受できない可能性があるので解説します。

エンジニアになるなら事業会社のエンジニアになろう!

さっきから、ちょこちょこ出てきますが、

エンジニアになるなら事業会社のエンジニアになるのがベストです。

そもそも、事業会社が何ぞやってなるかたもいるかも知れないのでエンジニアの働き方について解説します。

わかりやすくするために、超ざっくりエンジニアをわけると2パターンあります。

  • 受託で開発するエンジニア、いわゆるSI業界のエンジニア
  • 事業会社で自社サービスの開発をしているエンジニア

まず、受託で開発するエンジニアですが、

顧客の要望に合わせて業務改善システム(会計、在庫管理、労務管理等)を開発するエンジニアです。

こちらは、基本、顧客に合わせてプロジェクトが進みます。

そのため、働く場所や働き方が融通が利かない場合があります。

例えば、

  • 機密情報が多いので開発する際は顧客の会社内で作業しないといけない客先常駐スタイル
  • プロジェクトが終わると、また別のプロジェクトで顧客の会社に常駐する
  • 残業を自分でコントロールすることが難しい場合がある

もちろん、全てが常駐って訳ではないし、

残業も20時間以下の会社もあったりするので受託で開発するエンジニアになったからといって確実にそうなる訳ではないです。

一方、事業会社で自社サービスの開発をしているエンジニアは、

自社で何かしらのサービスを提供しておりそのサービスの開発に携わっているエンジニアです。

例えば、LINE、Yahoo、楽天、Amazon等

自社サービスの開発なので、何かと融通が利きます。

極論、「やる気出ないし、明日やろっか」が通じますw

前職が某大手IT企業だったのですがそこのエンジニアはマジで自由でした。

  • 普通に午後から出社する
  • フリーアドレスで仕事してる
  • どんなに電話がなろうが出ない

事業会社内のパワーバランス的にも総合職よりもエンジニアの方が強いです。

エンジニアは貴重な存在なのでエンジニアに仕事をしてもらう場合、

ミーティングでやる必要があるのか十分に検討して依頼しようみたいな文化ありました。

個人的にやり過ぎだろって思ってるのですが、

オフィスの内装はエンジニアのために快適、オシャレを追求したものとなってますw

なので事業会社のエンジニアにあることをおすすめします。

▼キャリアパス

大きなキャリアパスとしては、以下の4つです。

  • エンジニアを管理するマネジメント職にする
  • エキスパートとしてエンジニアを極める
  • より大きな会社に転職する 例:Amazon、楽天、LINE等
  • フリーランスで仕事をとる

とわ言え、未経験からどうやってエンジニアになるの?

ってことが一番、疑問だと思うので未経験からエンジニアになるまでの道のりにフォーカスして紹介します。

結論、完全未経験で、かつ、今から学ぼうって人がちょっと勉強したくらいでは、

事業会社への転職は難しいです。

間違っても、

「今日から俺はエンジニアだ!!今までお世話になりました退職します!!」

だけは辞めてくださいwww

公務員を辞めることにリスクをおって欲しくはないので、段階を踏んで退職することをおすすめします。

事業会社のエンジニアになるためのステップ 1カ年計画

  • 公務員としての業務が終わってからプログラミングを学習する(3カ月)
  • 基礎ができたらプログラミングのオンラインスクールに入学する(6ヶ月)
  • 転職活動(3ヶ月)

ざっくり言うと、こんなスケジュール感です。

詳細を説明します。

公務員としての業務が終わってからプログラミングを学習する(3カ月)

最近はめちゃくちゃいい時代になって、無料動画でプログラミングが学べます。

隙間時間や仕事終わりに気軽に学習できるので、

まずは動画を見ながら、実際に手を動かして見ることをおすすめします。

学習サイトはいくつかあるので代表的なもの紹介します。

好みがあると思うので自分の好みにあったサービスを使ってもらえればと。

また、プログラミング言語も様々な種類があるので、

まずはこちらの言語を順番に学習から始めると良いかと思います。

  • HTML/CSS
  • PHP
  • JavaScript
  • Ruby

もし、激務すぎてそんな勉強してる暇ないって人もいるかと思いますが、

本当に時間がないのであれば休職って選択もあると思います。

時間を作れないほど激務を続けていたら、

遅かれ早かれ、必ず体も精神も壊すので。

もしそうなったら、何も考えられないし、

ましてや何かをやろうってやる気がおきなくので、その状態が一番怖いです。

基礎ができたらプログラミングのオンラインスクールに入学する(6ヶ月)

自己学習でプログラミングの基礎を学んだら、

次はいよいよ本格的に学習して投下した時間をお金にかえて回収しようってフェーズに入ります。

プログラミングを独学でやろうってなった場合、挫折します。

なので、基礎ができているなら、

お金払ってでもプログラミングのオンラインスクールに入会して教えてもらった方が、

最短で転職ができる可能性が高いです。

なぜかと言うと、

プログラミングの指導にプラスして転職活動まで支援するサービスも増えてきてます

以下が、プログラミン指導と転職活動の支援まで行なっているので、

参考にしてみてください。

また、TECH::EXPERTDMM WEBCAMPについては、

転職が出来なかった場合は返金保証がついてます。

(素晴らしい!!)

転職活動(3ヶ月)

ここまできたら、シンプルに転職活動ですね。

あと一息です。

スキルはこの時点で転職で勝負できるくらいになっているかと思うので、

あとは、面接で場数踏んで第一志望に受かる準備を進めるだけですね!

転職は、スクールが支援してくれるので、苦労することはないとは思います。

ただ、もし面接の準備で苦労している方は、

面接の準備についてはすでに記事を書いているので、

こちらを見るとバッチリだと思います。

https://bull-pull19.com/interview-point/

https://bull-pull19.com/interview-practice/

▼向いている人

エンジニアに向いている人の特徴は以下になります。

  • 黙々と作業を行うことに抵抗がない人
  • 勉強家
  • 検索能力(ググり力)が高い

当たり前ですが、社内で黙々と業務を行うポジションなので、それに抵抗がないことが大前提となります。

また、IT業界は変化が早く常に新しい技術が生まれるので、

それをキャッチアップする必要があるため勉強は欠かせません。

最後に、困った時はGoogleで検索をすると大抵の問題は解決するので、

困った事象を検索するスキルが求められます。

普段からわからないことを検索する習慣がついている人はエンジニアの素養があるかと思います。

公務員を辞めたい、20代で転職したいと思ったら転職エージェントに相談する

公務員 辞めいたい 20代 転職 エージェント

これまで、公務員を辞めて、20代で転職すべきオススメの業界と職種について説明しましたが、

自力で具体的にどこの会社を受けるかまで落とし込むのは時間がかかると思います。

なので、方向性が決まっらのであれば、

具体的に受ける会社は転職エージェント経由で探すことをオススメします。

メリットですが、まとめると、転職にまつわる様々な情報を提供してくれます。

転職エージェントしか知り得ない情報(特に面接に関する情報)が、

様々あるので初めての転職であれば利用して損はないです。

メリット

  • 労働市場や転職を検討している業界の状況を教えてくれる
  • 有名ではないけど優良企業を紹介してくれる
  • 職務経歴書の添削や面接対策を行ってくれる
  • 聞きづらい条件面についてかわりに聞いてくれる

転職エージェントに関して詳細を説明した記事もあるので、

より深く理解したい方はこちらを見てみてください。

20代必見!!初めの転職で転職エージェントを使うメリットとデメリット

いかがだったでしょうか。

いきなり、公務員を辞める前にやれることは沢山あると思うので、

まずは小さなことから始めてみて手応えがあると思ったら、

お金と時間をかけてスキルを身につけるとリスク最小限で自分が望んでいた結果が得られると思います。

ぜひ、1つの選択肢としてもっておくと気が楽になるかと思います!!

それでは、次回の更新もお楽しみに。

  • この記事を書いた人

Loup

新卒は社員数5名、年収240万円の地元でもない地方零細企業に就職し、わずか1年で退職。 ホワイト企業への2回(大手IT企業、大手人材会社)の転職をへて 年収560万円までアップ。 27歳となった現在、 会社に勤めつつ、学歴や才能がなくても這い上がりキャリア戦略を中心に情報を発信中

-キャリア

Copyright© ゆとりのキャリア戦略 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.