20代キャリア戦略論

【断言】年収が下がる転職は悪ではない|年収ではなく生涯年収で考えるべし

はい! みなさん、こんにちは。
ライフチューナーのLoup(ルー)です。

 

今回は、年収が下がる転職を決断することは悪なのか?について話していこうと思います。

早速、結論を言ってしまうと、

年収が下がる転職が必ず悪ではないです。

※詳細はこの後説明していきます。

転職で年収が下がる場合でも転職をした方が良い5つのケース

年収 下がる 転職 ケース

早速ですが、年収が下がっても転職すべきパターンは以下5つです。

  1. 体もしくは心を壊してしまう懸念がある場合
  2. 年収よりもスキルアップを目的とした転職の場合
  3. 働き方をかえたい場合
  4. 副業に時間を使いたい場合
  5. 今後、伸びる業界に転職する場合

では、さらに深堀って、

年収が下がってでも転職を決断したほうがいい例について説明します。

1.体もしくは心を壊してしまう懸念がある場合

転職して年収が下がるリスクがあったとしても、

すぐに辞めることをオススメします。

体は完治する場合もありますが、

心の場合はトラウマになったり、心が折れて何もやる気がおこらなくなったり、

最悪の場合、自ら命を絶ってしまうことあります。

私自身、新卒で入社した会社でうつ症状になったことがあるので体感してます。

もともと、転職をするつもりで会社に入っていましたが、

うつ状態から会社を辞める時期が決まった瞬間、

嘘みたいに心が軽くなったことを覚えてます。

辞めてからと言うもの、全く再発しないので原因は明らかに環境の問題でした。

環境が変われば状況も変わるので、

もし、残業が80時間以上あって体を休める暇も無いとか

働いている人の質が悪すぎて、パワハラ、モラハラが横行しているとかであれば、

今、すぐに年収下がってでも転職することをオススメします。

2.年収よりもスキルアップを目的とした転職の場合

年収よりもスキルアップを目的として、転職されることは素晴らしい判断だと思います。

今は完全未経験、もしくは微経験で、転職したての年収は前職の年収よりも低かったとしても、

世の中のニーズにあったスキルを身につければ、自ずと年収は上がります。

極論、社員数数十名規模のスタートアップに転職して、

そこで3年くらい働いていれば、人数少ない分、様々な業務を経験することになるので、

市場価値がバク上がりして、社格が高い会社に転職をした時に年収が2倍以上増えることもざらにあります。

実際、私は新卒であえて社員数5名の会社に入って、

そこでの経験を武器に大手ITベンチャーへの転職を成功させて、

結果、年収を2倍以上にあげました。

何が言いたいかと言うと、

目先の年収にとらわれないで長期的な視点でスキルアップに振り切って選択した方が、

生涯年収で考えると年収を増やせると思ってます。

(スキルをどこまで習得できるかにもよりますが)

3.働き方をかえたい場合

働き方をかえるとは、以下をさしてます。

  • 残業減
  • 時短
  • リモートワーク

 

例えば、皆さんこんな生活に憧れてますか?、幸せだと思いますか?

  • 年収1,500万円
  • 残業80時間
  • 通勤1時間以上

いくら、年収が1,000万円こえてたとしても、

残業と通勤時間が長すぎてとてもじゃないけどこの条件で働き続けるなんて難しいですよね。

(残業代で、100万円くらい稼いでいる感じしますよね)

なので、年収は下がるけど転職して無理なく長く働ける環境を手に入れると言うのは、

賢明な判断だと思います。

4.副業に時間を使いたい場合

老後2,000万円問題だったり、

大手自動車会社が「終身雇用を続けることは難しい」と言及したり、

コロナの影響でリーマンショック以上に景気が悪化し大量リストラが起こるなど言われてます。

そんな背景もあり、副業を始める方、すでに副業で収益をあげている人たちが増えてます。

また、今は副業という位置付けで仕事の合間にやっているけど、

将来的には個人で稼いで会社を辞めることを見据えている人もいます。

そのため、年収下がってもいいから、ゆるい会社でできるかぎり残業は減らして、

副業に時間を使いたいから年収を下げてでも転職することもありだと思います。

(年収減っても副業で収益あげられれば問題ないという考え方ですね)

私自身、キャッシュポイントが給与だけということはリスクであると捉えているので、

長期的な資産運用、副業をやるなどして、給与が止まったとしてもお金がある状態をすることは非常に重要だと思ってます。

そのため、副業をやるためにやりやすい環境にうつることも賢い選択の一つだと思います。

5.今後、伸びる業界に転職する場合

業界軸、会社軸で今後伸びるであろう環境に身を置くことも年収が下がる転職として賢明だと思います。

例えばですが、2020年5月時点では、ライブ配信市場(ニコニコ生放送、インタのライブ配信、17 Live)が爆発的に伸びています。

背景としては、5Gによる通信速度の改善や、コロナウィルスの影響で室内で楽しめるエンタメとして需要が一気に高まりました。

このように現在進行形で伸びている市場は探せばいくらでもあるります。

現年収が下がったとしても、

成長している業界や企業に飛び込みことは長期的に考えると年収UPに繋がる転職なので良い選択たと思います。

【危険】年収が下がる転職の失敗例

年収 下がる 転職

今までは年収が減っても転職にチャレンジした方がいいパターンを紹介しましたが、

残念ながら失敗例もあります。

次は以下の失敗例について解説していこうと思います。

  1. 隣の芝が青く見えて転職
  2. 勢いとノリで転職
  3. 不景気下での転職
  4. 夢追い転職

隣の芝が青く見えて転職

同窓会や結婚式、旧友との飲みなどをきっかけに起こりやすい転職です。

旧友とのイベントごとでは仕事、恋愛、家族、お金等の話になりがちです。

子供の写真をスマホで見せながら幸せそうに話す奴やバリバリ稼いでいて楽しそうに仕事をする奴、

また、今の職場に満足いってなくて転職を考えている奴など。

そんな中で話していると嫌でも自分の人生を見つめ直すスイッチが入り転職を考えるようになっちゃいます。

「今の会社は自分のことを正当に評価しないし給与が低い」、「自分が成果を出せないのは業界、会社がオワコンだからでしょ」、

「大して頭良くなかったあいつが成果出せるんだったら、俺だって自分にあった会社見つければ出せる!」という考えが回って、

安易に転職してしまうと転職癖がついて結果、転職するたびに年収が下がってしまう可能性があります。

勢いとノリで転職

「こんな働いて何になんだう?」、「なんで毎朝、律儀に定刻に会社行ってんだろ?」って想いが一気に爆発して、

「こんな会社やめてやる!!」となってしまったまま転職活動を始めるのは危険です。

とにかくこの状況から逃れたいという負の状態で転職活動を始めることになるので、

書類選考、面接でお見送りが続くとポキっと心を折られてしまいます。

そうなると現職へのモチベーションもなく、転職についてはお見送りのトラウマを抱えて無理ゲーになります。

不景気下での転職

不況下での転職はシンプルにオススメしません。

明確に採用要件のハードルが上がります。

わかりやすい例を出すと、不況下では未経験、ポテンシャルの枠からクローズします。

基本的に即戦力以外は採用しなくなるので、転職の難易度がグッと上がります。

ただ、不況下でも市場が伸びている業界については例外です。

積極的に人を採用している企業はあるのでそういった企業についてはチャレンジしてみても良いかと思います。

転職して何を叶えたいのか?を明確にする

転職 叶えたい

ここまで、転職で年収が下がってでも転職してもいい場合と年収が下がる転職の失敗例について紹介しました。

言いたいことしては、

その人のおかれている環境や状況によって必ずしも年収を下げる転職が悪ではないということです。

結局のところ、年収が下がっても転職することに納得感があるのかが重要になってきます。

納得感の源泉は、「今回の転職で何を叶えたいのか?」という転職軸になります。

転職軸を定めることは転職をする上で肝になるので、

自己分析を行いスキル、価値観の整理を行いましょう。

とはいえ、正しいやり方で自己分析を行わないと、

「やったけど、次のアクションがわからない」ってことになりかねないので、

別記事のこちらを参考に自己分析を行った方がわかりやすいかと思います。

就活・転職活動する方対象 ここ押さえればOK!自己分析やり方を解説

就活・転職する方必見 面接通過率1%をパスした自己分析を実践解説!

最後に

最後 年収 下がる 転職

年収が下がるもしくは上がる転職をするかどうかは、決めるのは自分です。

その選択に正解、不正解はないと思ってます。

むしろ、正解にしていくのは自分次第だと。

私自身、地元でもない地方の4名でやってる年収240万円のWeb制作会社に新卒で入りました。

その当時は親から反対を受けましたが、

反対を押し切り自分のスキルアップとブランディングのために入りました。

正直、その当時はできないことが多くて辛いと感じる時期の方が圧倒的に長く、

「本当にこの道でよかったのか?」と思うことの方が多かったです。

しかし、いざ転職活動をすると、やってきたことが評価され、

第一志望の企業に入ることができたので長期的に考えるとやっぱり間違っていなかったと思ってます。

決断しようとしていることに対して、周りが何か言ってくる場合もあるかと思いますが、

その際はぜひ、自分を主語にして最良の選択をとっていただければと思います。

  • この記事を書いた人

Loup

新卒は社員数5名、年収240万円の地元でもない地方零細企業に就職し、わずか1年で退職。 ホワイト企業への2回(大手IT企業、大手人材会社)の転職をへて 年収560万円までアップ。 27歳となった現在、 会社に勤めつつ、学歴や才能がなくても這い上がりキャリア戦略を中心に情報を発信中

-20代キャリア戦略論

Copyright© ゆとりのキャリア戦略 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.