キャリア

【転職エージェントの仕組みを解説】どうして無料で使えるの?

はい! みなさん、こんにちは。

突然ですが、

『転職エージェントってなんで無料で使えんるの?』

『無料って言ってるけど、何か裏があるんじゃないの?』

と思っている人が多いのではないでしょうか?

今回は、現役の転職エージェントが、

何で転職エージェントは無料で利用できるかの理由と、

より効果的に転職エージェントを利用するための裏事情についてお伝えしていきます!

最後まで読んで、転職エージェントに対する理解を深めて不安を解消しましょう!!

転職エージェントの仕組みってどうなってるの?

転職エージェント 仕組み

ざっくり言うと、

転職エージェントは、転職を考えている求職者と採用したい企業をマッチングするサービスになります。

サービスの特徴は、無料で転職に関するさまざなサポートしてくれるという点です。

サポート例

  • 職務経歴書の添削
  • 企業応募時のフォロー
  • 面接対策
  • 条件交渉 等

転職活動の肝となる「書類作成」、「面接対策」でサポートに入ってもらえることは、

特に初めて転職をする方や現職が忙しくて転職活動に時間をかけられない方にとっては心強いサービスなってます。

転職エージェントと転職サイトって仕組みとして何が違うの?

私自身、2回転職をしているのですが、

初めての転職をする際、転職エージェントと転職サイトって何が違うのか?

わかりませんでした。

皆さんも同じように疑問に思っている方もいるかと思うので、

転職エージェントと転職サイトのサービス内容について表で見比べていきましょう。

  転職エージェント 転職サイト
料金 無料 無料
転職カウンセリング
求人探しのサポート 転職エージェントサポート有 自力
書類作成&応募 転職エージェント経由※サポート有 自力
面接日程調整 転職エージェント経由 自力
面接対策 転職エージェント経由※サポート有 自力
条件交渉 転職エージェント経由※サポート有 自力
退職交渉 サポート有 自力

違いとしては、

転職活動を「自力で行うか」、「転職エージェントに併走してもらうか」の違いになります。

自力で行うと自分のペースで転職活動を進めるできますが、PDCAが回しずらいという難点があります。

例えば、中々面接が通過しない場合、

自分では何が問題なのか気が付きにくいので改善が難しく、

結果、内定ができるまでに時間がかかってしまうこともあります。

一方、転職エージェントを利用した場合、

面接対策を実施してくれるので改善ポイントに早い段階で気づくことができます。

初めて転職するなら転職エージェントを利用するのがオススメ

理由は以下の通りです。

  1. 労働市場や転職を検討している業界の状況を教えてくれる
  2. 希望に合わせて最適な企業を紹介してくれる
  3. 書類の添削、面接対策、条件交渉をサポートしてくれる

転職活動はいかにPDCAを回せたかで、得られる結果が変わってきます。

初めての転職の場合、手探りでやり方がわからない上に、

業界や老僧市場の動向を把握しながら自分に最適な会社を見つけて、

その会社に入るために準備を進めるというのは至難の技です。

そのため、最初から転職のプロである転職エージェントを活用して、

アドバイス貰えるところ(書類作成、面接対策等)はアドバイス通り改善し、

本当に自分が時間を割いて考えるべきところ(転職軸、自己分析、キャリアプラン等)に

時間をさけるように時間を有効活用した方がいいです。

なお、以下の記事では転職エージェントを賢く使うための方法について解説しているので読んでみてください。

転職エージェントを賢く使う方法を現役転職エージェントが徹底解説

転職エージェントが無料で使える理由

転職エージェント 転職サイト 仕組み

無料で利用できるって言っても何か裏があるんじゃない?って不安な方いるかと思うので、

その理由を解説します。

結論、企業側からお金をもらっているからです。

例えば、以下のような形で企業からお金をもらっています。

  • 求人広告の掲載費用
    例:1ヶ月掲載で100万円で請求
  • 転職エージェント経由で採用した場合、採用した人の想定年収×料率
    例:年収500万を1名採用した場合、35%の175万円を成功報酬として請求
  • 求職者データベース利用料
    例:利用料月50万円

そのため、求職者は無料で使える構造になってます。

ちなみに、これは裏事情になりますが、

もし、転職エージェント経由で採用した人が半年経たずに辞めてしまった場合、

転職エージェントは企業に対して成功報酬を返金する契約がかわされています。

企業によって、一概に言えませんが例えば以下の料率で返金します。

  • 1ヶ月で退職した場合:成功報酬の80%を返金
  • 3ヶ月で退職した場合:成功報酬の50%を返金
  • 6ヶ月で退職した場合:成功報酬の10%を返金

何が言いたいかと言うと、

返金制度があるため転職エージェントが求職者に対して無理やりその会社に入社するようなことは起こりづらくなっています。

転職エージェントに無理やり転職させられるんじゃないかと不安に思った方は安心してください。

転職エージェントの種類

転職エージェント 種類

一口に転職エージェントと言っても、

大きく分けると総合型転職エージェントと業界特化型転職エージェントが存在します。

この2つのタイプについて解説していきます。

例えると、百貨店(総合型転職エージェント)と専門店(業界特化型転職エージェント)になります。

総合型転職エージェントとは

総合型転職エージェントは、カバーしていない領域がないんじゃないかくらい、

どんな業界の求人でも扱っていることが最大の特徴です。

大手転職エージェントに登録するメリットは下記の3つが挙げられます。

  1. その転職エージェント独占案件がある
  2. 登録社数が圧倒的に多いので求職者に合わせて様々な業界、業種、キャリアパスを提案できる
  3. 企業情報、求職者側の情報を持っており、一次情報が取りやすいので転職活動を円滑に進められる

上場企業、特にメーカーや金融に多い傾向にありますが、

特定の大手転職エージェントのみ求人をオープンしている場合があります。

そのため、上場企業へ転職を検討されている方は総合型転職エージェント に登録しておいた方が良いかと思います。

みなさんも一度は聞いたことのあるような転職エージェント は、

当たり前ですが、登録社数も多く、求職者の様々な要望に合わせて業界、職種を提案することができ、

また、登録社数が多いと言うことは、それだけ業界のリアルな情報が集まりやすいので、

効率的に自分の興味のある業界や企業の情報をキャッチアップすることができます。

業界特化型転職エージェントとは

業界特化型転職エージェントはその名の通り、ある業界に特化した転職エージェントになります。

求人の数や業界のカバー領域で勝負すると大手転職エージェントには劣ります。

ただ、特定の業界については業界のリアルを把握できるくらい情報が集まっています。

すでにこの業界のこのポジションで転職を検討していると決まってる場合は、

業界特化型転職エージェントを使うことをオススメします。

ただ、業界特化型の転職エージェントは中小企業が運営してる場合が多いため、

残念ながら、当たりはずれがありますw

転職エージェントを利用する上で注意すべき4つのポイント

転職エージェント 注意 ポイント

前提として、転職を検討させている方にとって、

転職エージェントは無料で利用でき転職に関する最新の情報を効率的に取集でき、

さらに様々なサポートを受けられるので魅力的なサービスになってます。

ただ、転職エージェントを利用するに当たって注意すべきポイントもあるので触れておきます。

  1. 転職軸が定まってない人には転職エージェントは要注意
  2. 転職エージェントからの求人紹介メールがうざい
  3. 内定を獲得してから意思決定を急かされる
  4. 転職エージェントの担当者は当たり、ハズレがある

「うっ...」って思ってしまうかも知れませんが、

転職エージェントはボランティアではなくビジネスとしてサービスを提供しているので、

利益の最大化をするための対応をとる場合も中にはあります。

ただ、安心してください。

事前に転職エージェントを使う上で注意すべきことを理解して適切に対処すれば、

デメリットをチャラにし、デメリット以上のメリットを享受できるのでそこまで不安にならなくても問題ないです。

詳細については、以下の記事にて解説しているので、興味のある方はチェックしてみてください。

4つのデメリットを説明した上でそれぞの対処方法についても解説しています。

【5分で読める】現役転職エージェントが教える転職エージェントの4つのデメリット

  • この記事を書いた人

Loup

新卒は社員数5名、年収240万円の地元でもない地方零細企業に就職し、わずか1年で退職。 ホワイト企業への2回(大手IT企業、大手人材会社)の転職をへて 年収560万円までアップ。 27歳となった現在、 会社に勤めつつ、学歴や才能がなくても這い上がりキャリア戦略を中心に情報を発信中

-キャリア

Copyright© ゆとりのキャリア戦略 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.